予算オーバーだと

「キッチンを直したい」「浴室の段差をなくしたい」「間取りを変えたい」など様々な希望が出てくると思うのですが、150万円以内で収めたいのにあれもこれもと要望を伝えている内に予算をオーバーしてしまった……ということもあり得ます。 そういった場合は、予算オーバーであることを担当者に伝えて、予算内での提案の再見積りを依頼しましょう。 諦めなくてはいけない部分がある場合は、どの部分を優先すればいいのかを考えておくと話もスムーズに進んでいきます。 再見積りを依頼した時に、「機能やデザインは大体同じだけれど、こっちの商品の方がコストが下げられます」、「ここは強度に関わってくる工事なので外すことは出来ないですが、こういう風にプランを変えればコストを抑えられますよ」といった提案の有無も、依頼先を選ぶポイントになってきますので、こういったところにも注目して会社を選んでいきましょう。 費用を下げるには、工事範囲を狭くするか、全体的に値段を下げるかのどちらかを選びましょう。 メンテナンスのためのリフォームの場合だと、工事の範囲を狭めるのは難しくなってくるのですが、そうでない場合は、こだわりのある部分は希望を満たしつつ工事をしっかり行い、「今回ではなくても大丈夫かな」という部分はまた改めて行うというのも一つの方法です。 また、お客さんが出入りするリビングや玄関は内容材のグレードをあげ、寝室などのプライベートの空間は標準の仕様で等のメリハリのあるプランにすることで費用を抑えることも可能です。 ここまで、費用を抑える方法について簡単に書きましたが、金額のことで頭がいっぱいになってしまってリフォームをする目的を果たせなかった、となっては意味がありませんよね。 そうならない為にも、家族みんなで「リフォームで必ず実現したいこと」や「優先順位」、「リフォームのあとの満足度」をもう一度しっかり話し合って確認をしましょう。 必要なリフォームの場合は、ローンを組む方法もありますので、そういった方法も検討してみるとよいでしょう。