プランだての時に

リフォームをするにあたって、自分の希望、家族の希望をまとめ、リフォームを依頼する会社に要望をきちんと伝えて見積の依頼をしましょう。 この時点では、何社か候補を挙げておき候補の会社全てに同じ条件で見積もりを依頼することが大切です。 同じ条件で依頼をしないと、見積書には特に決まったフォーマットがないため、同じないようでも会社によって書き方が違うのでどうしても比較対象が合計金額のみになってしまうので、この部分はとても重要です。 「そんなこと言われても書き方がわからない」という人が多いと思いますので、不動産会社のホームページ(例えば、HOME’S等)を見てみると希望内容をまとめるフォーマットを掲載している場合もありますので、探してみましょう。 紙に書きだすことが出来たら、リフォーム会社と打ち合わせをしていきます。 より正確な見積書を出してもらうためには、実際に担当者に自宅に来てもらって現状を細かくチェックしてもらうことが大切です。 後々、プラン変更や予算オーバーなどが起こらないようにリフォーム会社とのコミュニケーションもきちんと取りましょう。 各社から見積書と計画書を出してもらったところで、全て比較をして依頼先を絞っていきます。 もちろん、金額の面での判断も大切なのですが、プラン内容もきちんと希望が反映されているかどうか、安全対策やプロ目線でのアイディアなどが盛り込まれているかどうかも含めてみていくことがポイントです。 また、保証やアフターケアについてもしっかり聞き、全体を見て不明点や疑問点があれば全て聞いて納得してから契約を進めていきましょう。 そうして依頼先を決めたら、正式な契約を交わします。 最初にもらった見積もりの後に、更に要望を反映させた最終見積りと実施プランが出されますので、打ち合わせ通りの内容かどうか、引き渡しの日程は変更ないか等をもう一度確認しましょう。 工事をしていくと、土台が腐っていたので補修をしましょう、となった場合の追加工事に関する対応なども確認し、よく理解し納得したら契約書にサインをしましょう。